マンションを賃貸を借りるのか購入してしまうので迷う人は多いです。両方の特徴についてまとめてみました。
賃貸住宅の敷金がタダということ

賃貸にすべきか購入すべきか

賃貸住宅の敷金がタダということ
マンションについて考える時には、賃貸で借りるか、いっそのこと購入してしまうか迷うこともあるはずです。賃貸で借りた場合は、毎月の賃料や管理費を支払わなければなりませんが、マンションの管理など煩わしいことをしなくて済むというの大きなメリットです。いっぽう、購入してしまった場合には、家賃の支払いなどがないものの、管理を自分でせねばならず、またローンの支払いをしなければなりません。こうしたそれぞれの特徴をつかんでおくことは、賃貸か購入かで悩んでいる場合には有益なことになるでしょう。

賃貸の最大の強みは、おそらく気軽に住めるということでしょう。ローンを組んだり、不動産にかかる税金について考えたりする必要がないので、要するに気楽です。しかし購入することによって、不動産という確固たる財産を獲得することができるその安心感は得ることができません。といって、不動産はその価値が変動することがありますから、一概に所有しただけではだめで、不動産はその維持管理に注意を払わなければならないのです。

このように、どちらにしても、そのメリットデメリットはあるものです。いちばん単純に考えれば、気楽に住みたいか安定して住みたいかで考えるとわかりやすいかもしれません。

イチオシサイト