賃貸にせよ購入にせよ、マンションに住むには一長一短です。それぞれについて概説をしてみました。
賃貸住宅の敷金がタダということ

マンションの賃貸と購入の違い

賃貸住宅の敷金がタダということ
マンションに住みたいのであれば、賃貸にすべきかそれとも購入してしまうべきでしょうか。どちらも一長一短がありますが、そのメリットデメリットを知っておけば、参考になるはずです。最近では、賃貸の家賃並みの料金で支払い可能な住宅ローンというのも増えてきています。しかし、購入によってかかるお金は住宅ローンの返済だけではありません。維持管理費や固定資産税や都市計画税など、すべて合わせると、やはり月々の支払いは賃貸よりも多くなってしまいがちです。このあたりは購入のデメリットと言えそうですが、これはローンを払い終わってしまえばだいたいは解消されるでしょう。それに不動産という資産を手に要られられるというところも、購入の大きなメリットと言えます。

これに対して賃貸は、まずそのお金に関しては購入よりもかなり安いと考えることができます。先ほど言ったように、購入では住宅ローンは安くてもその他にかかるお金が馬鹿になりません。したがって賃貸のメリットとしては、税金もかからず管理費もかからず、購入よりも安く住めるということでしょう。また気に入らなければ引越しが気楽にできるので、気軽に住むことも可能です。しかし、長期的に見れば家賃をずっと支払わなければならないので、損かもしれません。資産を持てないこともデメリットでしょう。いずれにせよ、どちらが自分に合っているかを見極めることが大事でしょう。