空間の伸びを意識させている賃貸は、リビングと和室の繋げ方などにこだわり広く思える様にしてくれています
賃貸住宅の敷金がタダということ

賃貸の空間の伸びを感じられる理由

賃貸住宅の敷金がタダということ
空間の伸びを感じさせるというテクニックは、あまり間取りが広々としていない物件で住宅デザイナーが特に意識しなければいけないポイントです。一つずつの部屋の広さは程々に思える物件であっても、空間の伸びを感じさせる作りにするだけで、住宅全体が広々としている様に思えてきます。そんな空間の伸びを意識しているのかどうかを、賃貸物件で確認する際にはリビングやダイニングと和室の繋がりを調べてみるのが良いでしょう。廊下をまたがなければ隣の部屋に辿り着けないのではなく、リビングから直ぐに和室に足を運べる様な物件は要チェックです。

リビングではなく敢えて和室側の照明を明るくする事によって、リビングから和室まで空間が伸びているのだというイメージ作りをしている場合もあります。そういったイメージ作りのテクニックが重要であり、間取りの数字と部屋の写真を比べてみると、数字以上に広く感じるという事が分かるはずです。実際には部屋の広さは程々だからこそ、賃料が高くなっている訳ではないにも関わらず、空間の広さを体感出来るというのも助かります。あまり広々とした物件に引っ越す金銭的な余裕は無いけれど、ずっとここで生活していたいと思える物件に出会いたいという方にぴったりです。

イチオシサイト