家賃がもったいないから家を買えと言われますが、賃貸には住まいを柔軟に変えられるというメリットがあります。
賃貸住宅の敷金がタダということ

賃貸マンションにもメリットがあります

賃貸住宅の敷金がタダということ
年配の人からよく賃貸のままではお金が勿体ないとか、早く家を買ったらどうだなどと言われることがあります。所詮自分のものにならない家に家賃なんか払い続けるのは実に無駄だという考えが根底にあるようです。確かに賃貸マンションだといくら家賃を払ったとしても自分の所有となるわけではなく、同じお金を払うくらいならいっそのこと家を買った方がいいと考えたくもなります。

でもマンションを購入するより賃貸のほうがいいということだってあるのです。たとえば建物の老朽化や設備が破損したりした場合、自分の過失がなければ大家さんがその修理は負担してくれるのです。もし購入して自分の所有物になっていたら、自分の負担で行わなければなりません。また、もし住まいを変えたいなと思ったら容易に引っ越しすることができます。もしマンションを購入していたら、家に満足できなくなったり、納得いかない不具合があったり、もしくは近所づきあいがうまくいかない場合など、そう簡単に家を手放して引っ越すわけには行かなでしょう。なぜならまだまだ払い続けなければならない住宅ローンが残っているからです。

こう考えると家を買うことだけが全てではないということがわかると思います。ただどちらにしてもいいところと悪いところがあって、人それぞれ考え方や価値観が違うので、どちらがいいとは一概にいうことはできません。

イチオシサイト