賃貸住宅を退去するときに、部屋の修繕をしなければなりませんが、その費用は家主と借主どちらの負担なのでしょうか。
賃貸住宅の敷金がタダということ

賃貸住宅の退去時の修繕費用はどちらの負担か

賃貸住宅の敷金がタダということ
賃貸で部屋を借りる上で、いちばんトラブルになりやすいのが、その退去時です。退去時にかかる修繕費用で、家主と借主との間にもめごとが起こりやすいのです。退去時には、部屋のクリーニングをしなければなりませんが、そのクリーニング費用をどちらが負担するのかは、両者の交渉によって決定されていくものなのです。

部屋の借主には原状回復義務というものがあります。これは字義に即して言えば借りていた部屋を元に戻す義務ということですが、しかし実際は借主にそんな義務はありません。原状回復義務とは、あくまで借主の故意や過失によって生じてしまった部屋の傷みに対する回復義務であり、部屋のすべての汚れや傷みに対する回復義務ではないのです。このことについて知らないと、交渉によっては思わぬ出費をせねばならなくなることもあるので、注意が必要です。

逆に言えば、部屋をきれいに使ってさえいれば、借主が部屋の修繕費用を支払う必要はどこにもないとも言うことができます。こうした主張をするためには、部屋の入居時に部屋の状態がどうなっているのかを確認しておかなければなりません。入居当初から壊れていた部分をしっかりチェックしておいて、その部分の修繕費用を支払わされないようにしましょう。

イチオシサイト