家族で賃貸物件に入居する場合、暮らしやすい物件が条件です。間取りなどもよくチェックする必要があります。
賃貸住宅の敷金がタダということ

賃貸物件は間取りの位置も確認すること

賃貸住宅の敷金がタダということ
賃貸物件を探す時は生活上、健康上問題点の出やすい住空間は、どのように家賃が安くてもそれなりの価値でしかないということもあります。特に家族で賃貸物件を選ぶ時は暮らしやすい物件でなければいけません物件の間取りを考えた場合に南西という方向は、日照という点では強烈なものがあります。冬場は良くても梅雨から夏にかけては熱気に包まれてクーラーも効きづらくなります。ですから、料理をする場所、キッチンに関しては避ける場所となります。南西の位置にある場合、梅雨時や夏場は、うっかり食卓の上に置いたままにした食料品が腐ってしまう事もあります。そのようなことがないようキッチンは日の当たらない所に配置されているかも確認する必要があります。

賃貸マンションでも居住性を考えた場合に専有部分の開口部の広さに注意する必要があります。例えば間口の広さが5mと10mの間口では明らかに解放感に違いがあります。5mの間口ではあんどん部屋といって窓のない部屋ができ、採光の問題があります。10mの間口のマンションでは南側の部屋が多く、窓のない部屋はできないはずです。選ぶ場合も間口の広さに注目して見れば、選び方に失敗することはありません。

イチオシサイト