賃貸契約を交わす際、通常連帯保証人をたてるのが一般的です。連帯保証人がどいうものかについて、まとめてみました。
賃貸住宅の敷金がタダということ

賃貸契約上の連帯保証人

賃貸住宅の敷金がタダということ
賃貸契約を交わすうえで、保証人というのは必須の条件となってきます。しかしもし、友人知人に頼まれて、保証人になってくれと言われたらどうすべきでしょうか。そこで賃貸契約上の保証人についてよく知っておかないと、思わぬ損をすることにもなりかねません。

賃貸契約上の保証人とは、連帯保証人である場合がほとんどです。連帯保証人というのは、通常のノーマルな保証人と違って、いわば債務者本人との運命共同体とでもいうべき存在です。なぜなら、家主は直接連帯保証人に賃料を請求することができるからです。つまりこのことは、連帯保証人にも賃料の支払い義務があるのと同等であり、借主本人にもし何かがあって家賃の支払いの滞りがあった場合には、代わりにその賃料を払う義務が連帯保証人にはあるのです。

しかしこうした連帯保証人の特質から、基本的には家族や親族が連帯保証人になるということが大多数です。家主の方でも、より本人との関係性の深いものを選びたがります。友人知人というのは、言ってみれば他人ですから、他人よりは血縁関係にあるものの方がよいと考えるられるのです。ですから、賃貸契約の連帯保証人として友人知人が選ばれることはあまり有りませんが、それでも頼まれた場合は断った方が賢明でしょう。本人と同等の責任を負わねばならぬというのは、相当の負担と言えるからです。