快適な賃貸暮らしを送るには、音に神経質にならないことと、自身が出す音を軽減する工夫が大切です。
賃貸住宅の敷金がタダということ

賃貸に住むなら騒音を出さない工夫を

賃貸住宅の敷金がタダということ
賃貸住宅はほとんどが集合住宅であり、壁一枚隔てた向こう側に他人が生活しています。住人同士の結束感が強い分譲に比べ、賃貸の場合はちょっとした音でも不快に思い、トラブルに発展することも少なくありません。隣の人の話し声や足音、ドアの開閉音が聞こえてくるのは不快なものですが、こちらが苦情を言われるのも不快です。普通に生活しているだけなのにうるさいと言われたら、誰だってストレスになるでしょう。賃貸住宅で生活するには、周囲の音にあまり過敏にならないことと、自身も極力周囲に騒音を出さないよう工夫をすることが大切です。

周囲の音が気になるのは、静かな時間帯です。夜の10時を過ぎると寝る人もいますので、テレビの音には特に注意しましょう。賃貸住宅は隣り合った部屋が左右対称になっていることが多いです。つまりこちらにトイレがあると、壁一枚隔てて隣の部屋にもトイレがある、という感じです。そのほうが配管などの工事がしやすいからです。つまり両隣に部屋があっても、音が聞こえやすいのはどちらか片方です。その方向が分かれば、そちら側に音を隔てる家具を置くなどの工夫ができます。深夜にテレビを見たいなら、イヤホンを活用すると良いでしょう。